学会設立の経緯

学会設立の経緯

 1997年11月29日、日本ロールシャッハ学会がめでたく誕生いたしました。ここに設立までの経緯を簡単ではありますが記して、記録にとどめたいと思います。

 以前から全国各地にロールシャッハ法に関する研究会があり、今日それぞれ活発に研究活動を続けております。そのような中で、全国的な組織づくりを進めてはという動きがこれまでも何度かありましたものの、諸々の事情により実現には至っておりませんでした。しかし、全国各地のロールシャッハ研究グループやこのテストに関心を持ち研究を進めている臨床家たちにとって、情報交換および研究促進のための横のつながりが必要な時期にきているのではないか、また『ロールシャッハ研究』誌がこれまで一部そのような役割を果たしてきたのではないかといったことが、31号以降の『ロールシャッハ研究』誌の編集委員会で話しあわれてまいりました。その結果、名古屋ロールシャッハ研究会主催の「ロールシャッハ・シンポジウム'95」(1995年12月2日)の折に開かれた『ロールシャッハ研究』誌の拡大編集委員会で、ロールシャッハ協議会(仮称)の設立と国際的、国内的な交流への方向づけを議題として取り上げることとなりました。その提案理由は、以下のようなものでした。

 すなわち、

1) 各地の研究会の横のつながりが必要な時期にきている。
2) 国際ロールシャッハ学会という国際的な組織があり、3年に1度の国際大会が開催されている。そのような中で、諸外国からわが国での研究にも関心が向けられており、研究の国際交流が求められているものの、いまだその受け皿としての全国的な組織がない。
3) 『ロールシャッハ研究』誌の将来を考えると、編集および発行基盤の確立が望まれる。全国組織の共通のフォーラムとして、『ロールシャッハ研究』誌を位置づけることができるのではないか。
4) ロールシャッハ図版の流布や販売、そしてテストの誤用などに際して、倫理的にチェックする公的な組織や機関がない。
5) ロールシャッハ法の教育や臨床水準に関して、専門的に助言・勧告できる専門家団体が欠如している。

 拡大編集委員会で熱心に討議した結果、学会設立の方向でワーキング・グループを組織して詳細をつめることとなり、ワーキング・グループの構成員を全国の主要な研究会から推薦していただきました。また、提案者である『ロールシャッハ研究』誌の現および前編集委員で、設立準備委員会を構成することになりました。推薦いただいた8名のワーキング・グループのメンバーは、1996年2月4日中京大学に参集して会合を開き、会則や会費、機関誌の性質などについて検討して案をまとめ、『ロールシャッハ研究』誌編集委員会に2月下旬に答申いたしました。編集委員会ではさっそくこの答申案を編集同人に提案して意見を求めると共に、発起人の推薦を依頼しました。その結果、編集同人からさまざまな御意見と共に、総勢74名の発起人をご推薦いただきました。設立準備委員会では編集同人からの御意見をもとに学会会則案を作成し、設立趣意書を準備して、1996年9月1日から「日本ロールシャッハ学会」の設立に向けて学会への参加を広く募りました。(別記、設立趣意書を参照のこと。)

 学会への加入の呼びかけと同時に、学会の組織化づくりのために、1997年2月11日設立準備委員会を開催し、他学会設立の慣行に従い、発起人の中から理事・監事候補者を選出しました。選出された22名全員にご受諾いただいた後、20名の理事候補者の互選による会長候補者および4名の常任理事候補者の選挙を、4月末日を投票締め切りとして1997年4月10日に郵送で行いました。

 なお、本来は金沢ロールシャッハ研究会主催で開催予定であった「ロールシャッハ・シンポジウム'97」を第1回に振り替え、金沢で日本ロールシャッハ学会設立総会および第1回大会を開催することとなりました。

(文責 小川俊樹)

お問い合わせ

◆活動全般に関する
       お問い合わせ

〒606-8501
京都市左京区吉田本町
京都大学大学院
教育学研究科高橋研究室
日本ロールシャッハ学会
   事務局〔総務担当〕

◆入退会・年会費に関する
       お問い合わせ

〒501-1193
岐阜市柳戸1-1
岐阜大学総合情報メディア
センター伊藤研究室内
日本ロールシャッハ学会
   事務局〔財務担当〕

◇e-mail〔共通〕
  jimukyoku☆jsrpm.jp

* e-mailを送信される際には、アドレス内の "☆" を "@" に置き換えてください
* 申し訳ありませんが、当分の間、お問い合わせはe-mailまたは郵便でお願い致します


ページの先頭に戻る