『ロールシャッハ法研究』第5巻

第5巻(2001年11月)
<原著>
ロールシャッハ非生物運動反応と精神病理 高瀬 由嗣 1
強迫性格とTAT反応
 ──強迫傾向を有する大学生の人間表象の分析
関山  徹 13
心理検査からみた性同一性障害 庄野 伸幸 29
<事例研究>
全生活史健忘者の回復過程とロールシャッハ反応
 ──記憶回復後の変化を中心に
青木佐奈枝 43
性的虐待(レイプ、セクハラ・ストーカー)により
 PTSD症状を呈した2症例のロールシャッハ反応
餅原尚子・久留一郎 53
<資料>
ハンドテストとロールシャッハ法の統合解釈の試み
 ──構造分析理論を用いた事例理解
佐々木裕子 67
<大会講演>
非行臨床におけるロールシャッハ法 上芝 功博 81
<大会シンポジウム>
「心的外傷とロールシャッハ反応」シンポジスト発言要旨 89
<関連文献>
ロールシャッハ関連文献(2000年) 97
<情報>
日本ロールシャッハ学会第6回大会のご案内 99
国際ロールシャッハ学会第17回大会のご案内 99
 会務報告 101
 会長からの報告・提言・お知らせ 113



お問い合わせ

◆活動全般に関する
       お問い合わせ

〒101-8301
東京都千代田区神田駿河台1-1
明治大学文学部 高瀬研究室内
日本ロールシャッハ学会
   事務局〔総務担当〕

◆入退会・年会費に関する
       お問い合わせ

〒565-0871
大阪府吹田市山田丘2-2-D3
大阪大学大学院医学系研究科
精神医学教室内
日本ロールシャッハ学会
   事務局〔財務担当〕

◇e-mail〔共通〕
  jimukyoku☆jsrpm.jp

* e-mailを送信される際には、アドレス内の "☆" を "@" に置き換えてください
* 申し訳ありませんが、当分の間、お問い合わせはe-mailまたは郵便でお願い致します

◆WEB名簿の確認・修正
会員登録情報の確認や修正は、
こちらから。


ページの先頭に戻る