★ 投稿・執筆要項が改定されました

◆ 投稿・執筆要項の改定について

 投稿・執筆要項に「2. 投稿論文の著者は、本会の正会員でなければならない」という一文が追加されます。

機関誌編集委員会

(改定前)

1. 投稿論文の内容は未公刊のものに限る。

(1)原著は、投影法に関する論考的あるいは実証的研究にもとづくオリジナルの論文とする。

(2)資料は、既成の研究成果に対する追加や吟味、学術的に興味深い観察、測定用具・装置や方法論などに関する小論文とする。

(3)事例研究は、単一あるいは複数の事例の詳細な分析を通して、既存の知識の確認や新たな事実の提示をおこなう小論文とする。

(4)文献紹介は、特定の研究テーマや分野に関する内外の重要な文献をまとめたものとする。

2. 原稿は、術語以外は当用漢字を用い、新かなづかいに従う。外国の人名は原則として原語を用いる。その他の外国語はなるべく訳語を用いる。外国語を用いる場合は、初出の際、訳語に引き続いて( )内に原語を表示する。投稿にはワードプロセッサーを使用し、A4版横書き32字×25行でプリントアウトする。

(改訂後)

1. 投稿論文の内容は未公刊のものに限る。

(1)原著は、投影法に関する論考的あるいは実証的研究にもとづくオリジナルの論文とする。

(2)資料は、既成の研究成果に対する追加や吟味、学術的に興味深い観察、測定用具・装置や方法論などに関する小論文とする。

(3)事例研究は、単一あるいは複数の事例の詳細な分析を通して、既存の知識の確認や新たな事実の提示をおこなう小論文とする。

(4)文献紹介は、特定の研究テーマや分野に関する内外の重要な文献をまとめたものとする。

2. 投稿論文の著者は、本会の正会員でなければならない。

3. 原稿は、術語以外は当用漢字を用い、新かなづかいに従う。外国の人名は原則として原語を用いる。その他の外国語はなるべく訳語を用いる。外国語を用いる場合は、初出の際、訳語に引き続いて( )内に原語を表示する。投稿にはワードプロセッサーを使用し、A4版横書き32字×25行でプリントアウトする。

(以下、項番号を1つずつ繰り下げ)

投稿・執筆要項の詳細は こちら をご覧下さい。(2011/07/30)


お問い合わせ

◆活動全般に関する
       お問い合わせ

〒606-8501
京都市左京区吉田本町
京都大学大学院
教育学研究科高橋研究室
日本ロールシャッハ学会
   事務局〔総務担当〕

◆入退会・年会費に関する
       お問い合わせ

〒501-1193
岐阜市柳戸1-1
岐阜大学総合情報メディア
センター伊藤研究室内
日本ロールシャッハ学会
   事務局〔財務担当〕

◇e-mail〔共通〕
  jimukyoku☆jsrpm.jp

* e-mailを送信される際には、アドレス内の "☆" を "@" に置き換えてください
* 申し訳ありませんが、当分の間、お問い合わせはe-mailまたは郵便でお願い致します


ページの先頭に戻る